荷物配送の実証実験で市電利用/札幌

街中の路上駐車を減らし渋滞緩和につなげるため、宅配荷物をトラックではなく路面電車で運ぶ道内初の実証実験が2日、札幌市で行われました。札幌市と道内の物流業者からなる「札幌都心交通研究会」が実施しました。

午前10時前に、中心部から少し離れた交通局の電車事業所に宅配会社のトラックが到着し、貸し切りの路面電車1両に約80個の荷物を移しました。その後中心部「西4丁目」駅まで荷物を運び、待機していた配達員が台車に荷物を移し、各自配送を行いました。午前中の配達は予定通り全て完了しました。
このような取り組みは、過去に京都でも行われました。

関連記事

北海道のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Hokkaidoの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す