取り調べ中逃走少年の手錠浜辺で発見/北海道

2月15日に強姦致傷容疑で逮捕され、その後逃走した17歳の少年がつけていた手錠が、函館市の根崎町付近の砂浜で1日に見つかったことが、2日分かりました。

逃走した少年は逮捕後、体調不良のため病院で診察中に一時逃走し、その時両手には手錠をつけたままでした。浜辺で見つかった手錠が電動工具で切断された可能性があり、第三者の手助けがあったかもしれないと、道警は逃走時の詳しい状況を調べています。

逃走していた少年の供述に基づき、1日午前10時ごろ、函館西署員が函館根崎町の工業所内に行ったところ、地面の不自然なカッター痕や鉄粉を発見しました。そのあとすぐ、近くの浜辺で手錠は発見されということです。少年が逃走した当日、小屋のカギは開いていて、その日の小屋での作業はなかったそうです。

工業所関係者は、手錠があったことに驚いていて、この工具は使ったことがないと、これで切断しようとは思わないはずだと話していました。

ニュースの動画

関連記事

北海道のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Hokkaidoの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す