流氷で動けなくなった8隻の船無事戻る/羅臼

11日朝、漁に出た漁船8隻が、港に戻る途中に流氷で戻ることができませんでしたが、午後10時半に8隻すべて港に無事戻りました。

現場は羅臼町の漁港から約1キロの海上で、氷を割って進むことが出来る巡視船「てしお」が現場に到着し、流氷の厚い氷を割って漁船が通れる水路を開ける作業を進めました。夕方から船が動けるようになり、午後10時半すぎにはすべての漁船が港に戻ることができました。
動けなくなった8隻の船はスケソウダラの刺し網漁船で、乗組員56名全員にけがはなく、船も浸水などしていなかったということです。

現在、沖合の根室海峡に流氷が流れ込んでいます。羅臼町では11日午前10時、風速2.8メートルの南東の風が岸の方に吹き寄せていました。

関連記事

北海道のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Hokkaidoの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す