高齢者向け交通安全教室開催/札幌

札幌市で高齢者のドライバーを対象に交通安全教室が開かれました。この安全教室は、75歳以上のドライバーが免許更新の際に認知症の疑いがあるかを検査する認知機能検査が、12日から強化されることに合わせて開かれました。認知機能検査で認知症と診断されると、免許取り消しや停止となります。

交通安全教室には、札幌市などの高齢ドライバー9人が参加し、子供の急な飛び出しや、車で右折する時に急にオートバイが直進してくるなどの想定を、専用の運転シュミレーターを使って体験していました。参加者はこのシチュエーションに、とっさにブレーキを踏むことなどの反応ができるかを試していましたが、参加者の80代の男性は、「運転の難しさを実感したので、免許証を返そうと思う」と、語りました。

警察では、高齢のドライバーに若いころとは違うことを自覚してもらい、日常の運転には十分気をつけてほしいことと、もし体の衰えを自覚した場合は車の運転を控えることや免許を返納することも考えてもらいたいとしています。

関連記事

北海道のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Hokkaidoの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す