浴室で女性倒れ死亡 一酸化炭素中毒か/札幌

3月18日の午後5時半すぎころ、北海道の札幌市西区福井8丁目に住む女性から、浴室の脱衣場からガスの臭いがする、と119番に通報がありました。

消防が駆けつけましたところ、通報した女性の70代の母親が浴室で倒れているのが見つかりました。
病院に搬送されたものの、まもなく死亡が確認されました。

警察の調べによりますと、浴室からは一酸化炭素が検出されたほか、浴室の外に取り付けられている煙突が落雪によって外れていました。警察は、煙突が外れたことでプロパンガスが不完全燃焼を起こした可能性が高いのではないか、と調査をしています。

関連記事

北海道のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Hokkaidoの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す