ニセコで大雪崩発生 外国人一名死亡

2月25日午前、北海道倶知安町のニセコアンヌプリ岳の通称「春の滝」と呼ばれるエリアに、外国人スノーボード客5人が立ち入り禁止地域なのにも関わらず侵入し、このうちニュージーランド人の男性が、雪崩に遭遇し死亡しました。

5日の11:30頃、スキー場関係者から雪崩が発生し人が埋まっているとの警察に通報がありました。
この通称「春の滝」では当日、幅約200メートル、長さ350メートルの範囲で雪崩が起き、その結果ニュージーランド人のカール・サミュエル・アームストロングさん(35)が、生き埋めとなり死亡が確認されました。
この他にも30代の男性1人に骨折の可能性もあるようです。札幌管区気象台に発表によりますと、倶知安町には当時、雪崩注意報が出ていました。

ニュースの動画

関連記事

北海道のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Hokkaidoの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す