不適切な行為で教師が懲戒免職に/札幌

札幌市教育委員会は、札幌市内の小学校に勤める男性教諭(27)が昨年11月、自宅で当時16歳の女子高校生と知り合い、みだらな行為を行っていたことを発表しました。

今年2月にはすでに逮捕・起訴されており、その後、罰金刑を受けています。市教育委は地方公務員法の規定に抵触する事案に該当するとして、21日付でこの元教諭を懲戒免職処分としました。相次ぐ不祥事に今月29日、20代の男性教諭だけを対象にした緊急の研修会を開催することにしています。

札幌市では小中学校に勤務する20代の男性教諭がわいせつな行為で逮捕される事件が相次いで発生、同様の案件で懲戒免職となるのは今年度に入ってから既に3人目になります。

動画

関連記事

北海道のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Hokkaidoの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す